プロペシアの初期脱毛の時期と期間について|初期脱毛の原因って

プロペシアの初期脱毛の時期と期間について|初期脱毛の原因って

プロペシアの初期脱毛の時期と期間について|初期脱毛の原因って

男性型脱毛症の治療薬でもあるプロペシアは服用を開始すると10日目から1か月の間に初期脱毛が始まります。
初期脱毛は薬が作用する事で起きるもので、原因は副作用によるものです。
但し、この副作用はプロペシアの効果が期待出来るものであり、悪い原因ではないのです。

プロペシアを服用する事で急激に毛母細胞が活性化をしますが、活性化することで髪の毛の成長をスタートすることが出来るのです。
ヘアサイクルには休止期と言う時期があり、髪の毛が抜けるのを待つ時期となります。
初期脱毛で抜けるのは、この休止期に入っている毛が多いのですが、毛母細胞が活性化する事で休止期に入っていた毛というのは、暫くの間は休止期の状態になるのですが、プロペシアの作用により成長期に入ることになるのです。

古い毛は新しく生えて来る毛に押し出されるため、休止期の期間を満了する事無く途中で抜け落ちると言うのが初期脱毛の原理であり、原因とも言われているのです。

初期脱毛が起きる時期は服用を開始してから10日目から1か月の間と言いますが、個人差が有りますので、服用して直ぐに起きる人もいれば1か月を過ぎたころから初期脱毛が起きるケースが有ります。

尚、抜ける毛が多くなる期間についても個人差があり、一般的には30日ほどの期間初期脱毛が続くと言われているのです。
薬を服用した事で抜け毛が多くなり、薬が逆効果なのではないかと感じる人も多いものですが、AGAの専門クリニックではカウンセリングの中で、このようなことが起きることを予め患者さんに対して説明をしてくれるので安心なのです。

アクセス数の多い記事