※教えて!ミノキシジルとプロペシアの効果のちがいとは?

※教えて!ミノキシジルとプロペシアの効果のちがいとは?

※教えて!ミノキシジルとプロペシアの効果のちがいとは?

男性型脱毛症に効果がある薬として、日本ではミノキシジルとプロペシアが認可されています。
しかし、どのような違いがあるのかをきちんと理解している人は少ないです。

まず、ミノキシジルですが、こちらは頭皮に直接塗るタイプの薬です。
血行を良くする働きがあるので、頭皮の血流を活発にし、
発毛を促す効果があることが分かっています。
毛を生えさせる働きがあり、すでに脱毛が進行した状態にも対応します。

一方、プロペシアは塗るのではなく、飲むタイプの薬です。
発毛や育毛の効果はありませんが、抜け毛を防ぐ作用があるので、
男性型脱毛症に効果的です。
これ以上、脱毛させないために服用し、進行を食い止めます。
プロペシアが抜け毛を防ぐのには、男性ホルモンの抜け毛に関する酵素を阻害することで起こります。
ですから、女性が飲んでも効果は得られず、男性型脱毛症のみに適用されます。

このように、違いがある薬ですが、どちらが効果があるというわけではなく、
どちらも違う働きをすることで、使い分けたり、併用することができます。

それぞれの違いを理解し、自分に合った薬を選ぶことが大切です。
ミノキシジルもプロペシアもすぐに効果が出ないことも注意が必要です。
最低半年は薬を継続することで、少しずつ効果を実感できるようになりますので、
飲んで効果がないからと、すぐに諦めてはいけません。
ミノキシジルは男性ホルモンとは関係なく、血流を確保して刺激を与えるので、
女性にも使用することができます。

アクセス数の多い記事