ミノキシジルタブレット5mgと10mgの効果の違いってなに?

ミノキシジルタブレット5mgと10mgの効果の違いってなに?

ミノキシジルタブレット5mgと10mgの効果の違いってなに?

ミノキシジルタブレットは、男性型脱毛症、いわゆるAGAの特効薬として近年注目されている製剤ですが、個人輸入サイトなどを通じて案内されている錠剤タイプの製品であれば、5mgと10mgという、表示の異なる2つの種類があることに気付かれることでしょう。
この2つの種類の具体的な違いは、錠剤に含まれている有効成分の分量の違いによるものであり、当然ですが分量の少ない5mgの製剤よりも、分量の多い10mgの製剤のほうが強い効果を発揮するということになります。
ただし、有効成分の含有量の多い・少ないといった違いは、意図しない副作用の可能性にも直結するものですので、これからはじめてミノキシジルタブレットを服用する場合については、10mgの製剤をいきなり服用するのではなくて、まずは5mgの製剤のほうからはじめるのがより安全であるといえます。
もともとミノキシジルタブレットは、高血圧治療のための医薬品を開発する過程で育毛効果があることが明らかになった副産物のようなものですので、その服用によって血圧低下を引き起こす可能性があり、特に普段から低血圧の人には向かないとされています。
そのほかの副作用としては、同じく血管拡張作用にともなう頭痛、めまい、動悸・息切れ、顔面など皮膚の紅潮があり、くわしい薬理作用は不明ですが性欲減退なども指摘されているところです。
また、ミノキシジルタブレットは男女問わず服用するケースがみられますが、特に女性の場合には有効成分の効果が大きすぎて、全身にわたる多毛症になやまされるという事象も指摘されていますので、服用をはじめる際には安全策をとるのが賢明です。

アクセス数の多い記事